こんなに違う?おしゃれな飲食店を目指すには

こだわりを知り店舗を彩る

スタッフの接客がおしゃれ?

難しい質問ですが「おしゃれな接客」とはどのような接客を指すのでしょうか?飲食店での接客は「おもてなしの心」を伝える事が重要です。
飲食店の雰囲気が静かで隠れ家的なのに、接客は大声を上げている騒がしい。そんなちぐはぐな接客がおしゃれだとは思いません。この店舗で働くからこそ、店舗にふさわしい接客が必要です。
先程紹介した雰囲気の飲食店であれば丁寧且つ静かな対応が求められますし、時には提供する飲食の知識が必要になる事もあります。見た目だけではなく接客という目に見えないサービスにこだわり抜き、その飲食店の世界観を守るのがおしゃれさに繋がるのではないでしょうか。おしゃれな飲食店を目指すなら、スタッフの教育も非常に重要です。

季節感やコンセプトを持つ

チェーン店によくあるのですがいつも同じ食事、味が楽しめるのは一種の強みです。確かに安心しますが、それはおしゃれに繋がるのでしょうか?
特別感を出したいという場合は、提供するメニューに季節感を持たせてみてはいかがでしょうか?
日本には四季があり、その時期によっておいしい食材が数多くあります。その日本ならではの武器を使い、飲食店に取り入れる事で特別感やその店舗に対する雰囲気というものが出来上がります。「今あのお店に行けばこれが食べられる。」と言った限定感もあるので、集客にもぴったりです。
「その店舗にしかないもの」をうまく演出していけばおしゃれ度はアップしていきますし、集客にも繋がります。自分の店舗にしかない物をまずピックアップしてみましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ

TOP