こんなに違う?おしゃれな飲食店を目指すには

内装でリピーターを増やす?

雰囲気は統一されていますか?

当然の事ながら、外観と内装の雰囲気がマッチしていないとおしゃれとは呼べません。時折見かけるのが居抜き店舗を契約したのは良いが、出来るだけコストをかけたくないと思い外装を変更していないという飲食店です。外装が以前のままですので、内装との雰囲気が合わず入店したお客様を困惑させてしまうケースもあります。
「たかが内装と外観の違いで影響はないでしょう。」と思う方もいるでしょう。しかしユーザーは飲食店に何を求めているのでしょうか?
食事のおいしさやボリュームはもちろんですが、その飲食店の雰囲気やおしゃれさを求めている方が多く特にSNSを活用する方にとって、こだわりのない店舗はリピートしたいとは思いません。その為、出来る限り内装と外装は統一感を出して下さい。

インテリアにこだわる

内装にこだわりを持つのは良いですが、それだけでおしゃれ度をアップさせるのは限度があります。そこで導入して欲しいのがインテリアや小物です。
冒頭でも説明しましたが、小物やインテリアは飲食店にとって強力な味方です。例えばインテリアの中でもこだわりを出しやすい照明には、電球の色を変えるだけで雰囲気がガラッと変わります。ランチ・ディナータイムで照明を変えるだけで、店舗の雰囲気が変わるのでそれだけで集客に繋がります。
また統一感のある小物を設置すればよりおしゃれに見えますし、SNS映えするのでさらなる集客が見込める事もあります。
飲食店で内装にこだわりを見せたい場合は、ちょっとした小物やインテリアにも気を配ると良いでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ

TOP