こんなに違う?おしゃれな飲食店を目指すには

どんな店舗が好まれているの?

レトロな雰囲気を演出

カフェやスイーツ専門店、喫茶店などに多いのがシックでややレトロな雰囲気を持った飲食店です。若い世代はもちろんですが、年配の方にも好まれやすいので地域密着型の飲食店としてイメージをつけたいのならおすすめの手法です。
外観はレンガ調やロココ調と様々ですが、閑静な住宅街だとより雰囲気が増します。洗練された雰囲気があるので、多くの方の目に留まりますし、飲食店だと分かりやすいので飛び込みでの集客も可能です。
外観をおしゃれにするというのは奇抜さだけではありません。分かりやすく、そしてユーザーが好みやすい雰囲気を演出する事でユーザーも安心して入店出来ます。シックな雰囲気の飲食店は観葉植物と相性が良いので、余裕があれば設置するのも良いでしょう。

小物で演出してみよう

外装は一度決めてしまうと変更するのは難しいですが、周りに設置する小物は自由に変更が出来ます。気軽に変更出来て、グッとおしゃれさが引き立つ小物を使って外観を彩るのも良いですね。
例えばメニューを書いたプレートや看板を設置すれば、ユーザーの目に留まりやすく且つ「これが食べたい」と思わせてくれます。また外から店内の様子を見渡せる点も重要なポイントです。窓を大きめにする、または扉を前回にして中の雰囲気が分かる様にする事で集客が望めます。
どの方角からお客様が来るのかを気をつければ看板やメニューを設置する場所が分かります。外観といっても様々な部分にこだわる事が出来るので、今日から少しおしゃれな外観にこだわってみませんか?


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ

TOP